スポンサードリンク

ピアス穴あけの病院カテゴリの記事一覧

ピアス穴あけの病院のしてくれること

ピアス穴あけについてまず、理解して置かなければならないのは、ピアス穴あけは医療行為であるということ。

ですから、ピアスショップでのピアス穴あけ行為は違法になるようですので、ご注意を。

ピアス穴あけは、信用のおける病院かピアッシングスタジオで施術してもらいましょう。



ピアス穴あけをしてくれる病院についてネットで調べたところ、病院では以下のことをやってくれるそうです。(全部の病院があてはまるわけではありません)


@清潔で安全な医療道具でピアス穴あけを行ってくれる


Aアレルギーを起こさないようにピアス穴あけを行ってくれる


Bピアスの目立たないデザインのピアス穴あけをおこなってくれる。


C耳たぶのピアス穴あけは、一瞬の痛みのみ。耳たぶは専用の器具で穴あけするので、出血もなく、麻酔もなしでやってくれる。しかし、どうしても痛みが怖いのであれば、申し込めば局所麻酔もやってくれるようなので、麻酔をうってくれる病院でピアス穴あけをお願いしましょう。

また、ボディピアスや軟骨ピアスのピアス穴あけは、麻酔なしでは尋常ではない痛みをともなうので、病院で局所麻酔を打ってもらうようにしましょう。


Dピアストラブルはピアスのデザインも関係するので、ピアスの素材や形など、ピアストラブルの起きにくいタイプのピアスを用意してくれるようです。


Eへそピアス穴あけを行う場合は穴の深さを調整してくれるようです。穴の深さがとても重要なので、ピアス穴の開け方を調整してくれます。ピアス穴の深さが浅いとピアストラブルを起こしやすいので病院で、ちゃんとピアス穴の深さを調節してもらいましょう。


F当然ですが、ピアス穴あけトラブルのときも対応してくれます。場合によれば、ピアス穴を塞がずに治療も可能のようです。

長い間ピアス穴の炎症を放置しておくと、金属アレルギーや一生消えない傷跡を体に残すことになるようなので、自分でピアス穴あけを行った場合なら、なおさら病院に相談が必要でしょう。


G市販のピアス穴消毒液は、肌への負担が強く、肌荒れの原因になりやすいのですが、病院のものは肌への負担が少ないようです。できればピアス穴あけを病院でしてもらい、ピアス穴用の消毒液をもらいましょう。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。