スポンサードリンク

ピアス穴あけで気をつけること

ピアス穴あけで注意をしておきたいことと言えば、「金属アレルギー」。


金属アレルギーとは、金属に含まれる金属イオンが汗で体内に入ったり、ピアス穴の傷口に入り込んで皮膚が炎症を起こす症状。かゆみやかぶれを引き起こします。


ピアス穴がいつも化膿して治らない人は、ピアスによる金属アレルギーでピアス穴部分が炎症を起こしていている可能性が高いので、ピアス穴あけをしてもらった病院、または皮膚科に相談しましょう。


この金属アレルギーは、アレルギーなので個人差があります。もちろん全員が金属アレルギーで皮膚に炎症が起きるわけではありませんが、どのようなピアスの素材が自分にアレルギーがでないかは知っておいたほうがよいでしょう。



また、ピアス穴あけをセルフで行うなら、特に衛生面に注意が必要です。ピアッシングガンというものがあるかと思いますが、ピアッシングガンは耳たぶのピアス穴あけ用であり、耳たぶのピアス穴あけ以外には適していないので使わないようにしましょう。


耳たぶのピアス穴あけ用のピアッシングガンは多くの病院の先生や医療専門家からいわせると、完全に殺菌することができないので衛生面で不安が残るそうです。

したがってピアッシングガンでのピアス穴あけは耳たぶ以外では行わないようにしましょう。


特に、ボディーピアス(へそピアスや鼻ピアスなど)に使用すると、ピアス穴をあける位置などが難しく、一歩間違えると病気に感染する可能性が高まりますので危険です。

ですから、ピアッシングガンでピアス穴あけをしようとするピアスショップなどではピアス穴あけの施術をしてもらわないようにしましょう。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。