スポンサードリンク

ピアス穴あけで起こる良くあるピアストラブル

ピアス穴あけでは、ピアストラブルは以下のような症状を起こします。

@かゆみ
→これは、ピアス穴あけには宿命的なものですので、我慢が必要です。基本的には治ってきている証拠なのですが、化膿しているのであれば、病院の皮膚科に診察をうけなければいけないでしょう。


A痛み
→ピアス穴に不純物や汚れ、感染などしてしまうと痛みが起きます。また、体の調子が悪い時なども痛みが走ることがあります。


B赤み
→これも、ピアス穴あけには宿命的なものです。ピアス穴あけを行ったばかりの時は、その部分が炎症をおこして赤くなりますが、そのままにしておいても、基本的には赤みはひいていきます。


C腫れ
→体に穴をあけるわけですから、ピアス穴の部分は炎症を起こしている状態になります。適当な場所に穴をあければ、腫れの引きも早いのですが、自分でよくわからずピアス穴あけを行った場合、腫れがひくのが遅くなる可能性はあります。


D感染
ピアス穴あけ時にウィルスが傷口に入ってしまったり、ピアス穴あけ後の手入れを怠ってピアス穴部分を不潔にしていると感染してしまいます。ひどい時はピアスを外さざる負えなくなるので、衛生面には十分注意しましょう。


E金属アレルギー
→みんながみんな起きるわけではないですが、ピアスの素材によっては皮膚に金属イオンが汗と一緒にとけだし、炎症をおこすこともあります。

自分の体に合ったピアスの素材を知っておくことが必要です。


Fピアス穴の裂け
→「蛇にピアス」では舌が裂けていたかと思います。スプリットといいます。ひどい傷痕が残ってしまう可能性が高いので、病院で診てもらったほうがよいでしょう。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。